施工の流れ

階段やスロープの滑り止め施工

シグナルグリッププロ 施工の流れ 【自然石・タイル】
カラーコーン、バー シート、テープ、 コードリール、 発電機、ブレーカー
施工場所の確保、歩行者への安全確保
工事場所の周囲を養生
電源の接続、過電流防止の為ブレーカーを仲介させる。
ハツリ機、集塵機
ベルトサンダー
掃除機
接着力を高くする為、塗布面を荒らす。
飛散物、埃、ゴミを回収
鉛筆、メジャー
当て木、集塵機
ダイアモンドカッター
小型ルーター
シグナルグリッププロ塗布部分を罫書く
塗布部分に幅約2ミリ、深さ約1ミリの溝を加工する。
木製階段には幅約6ミリ、深さ約2ミリの溝を加工。
粉塵及び騒音に注意。
アルコール
ウェス
小型バーナー
塗布部分を清掃し、脱脂をおこなう。
塗布部分をフレーム処理し酸化被膜を形成。
プライマー、刷毛
ウェス、ヒートガン
塗装面にプライマーを塗布する。
余分なプライマーを拭き取り、乾燥させる。
必要であればヒートガンで加熱する。

テープ、はさみ
塗布部分の外側に沿ってテープを貼る。
アプリケーター
ノズル
シグナルグリッププロ
テープの間に シグナルグリッププロを注入する。
過不足なく均一に注入する。
ヘラ、ウェス
アルコール
テープに沿ってシグナルグリッププロをヘラにて均一に平坦化します。ヘラに付いた余分な材料はウェス
にて除去しながらおこないます。
はさみ、ゴミ袋
テープを丁寧に剥がします。
硬化時間が短いので手早くおこないます。
ヒートガン
自然硬化させるか、ヒートガンで塗布部分を暖め硬化を促進させます。
カッターナイフ
やすり
掃除機
不揃い、突起、返り等を修正する。
硬化の確認、養生の解除。
残材の回収、工具・材料の撤収、清掃

工事経歴、施工価格、詳細資料はご請求下さい。

sitepolicy | privacypolicy | mailform